東京大学大学院情報学環 情報社会基盤卓越講義

AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤
2017年3月24日開講

主催:東京大学大学院情報学環・学際情報学府
後援:一般社団法人経済団体連合会(経団連)

講義概要

IoT(Internet of Things: モノのインターネット)等の情報通信技術の進展により、収集・蓄積されるデータの量や種類が爆発的に増加しています。わが国においても、超スマート社会「Society 5.0」の実現に向け、こうしたBig Dataのより一層の利活用が望まれています。更に、AI(Artificial Intelligence: 人工知能)分野の進展により、これまで以上の高度なデータ分析や解析が可能になってきました。こうした進展は、情報プラットフォームや産業、ビジネス、社会そのものを大きく変容させるポテンシャルを持っていると考えています。本講座では、AI、IoT、Big Dataといった分野において、主に産業界で研究やビジネスに取り組まれているキーパーソンである3名にお集まりいただき、現在の取組みや将来の展望、また未来の情報社会基盤やプラットフォーム、そして大学における人材育成といった観点での議論を深めたいと思います。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時:2017年3月24日(金)14:00〜17:00

場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環福武ホール 福武ラーニングシアター
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html(場所が変更になりました)

主催:東京大学大学院情報学環・学際情報学府

後援:一般社団法人日本経済団体連合会(予定)

プログラム

講演1:「AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤」
越塚登(東京大学大学院情報学環)

講演2:「人工知能はビジネスをどう変えるか」
矢野 和男(株式会社日立製作所 理事研究開発グループ技師長 兼 人工知能ラボラトリ長)

講演3:「マイクロソフトのAI・ML戦略とビジネス展開」
田丸健三郎(日本マイクロソフト株式会社 技術統括室 業務執行役員 ナショナルテクノロジーオフィサー)

講演4:「IBM Watson と医療の世界」
溝上敏文(株式会社 日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長)

パネルディスカッション:「AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤」

コーディネーター
越塚登(東京大学)
パネリスト
矢野和男(日立製作所)、田丸健三郎(日本マイクロソフト)、溝上敏文(日本IBM)

参加方法

申し込み終了しました。