ホーム » Geneva Guide

Geneva Guide

ITUの仕事を長くしていたので、スイスのジュネーブは頻繁に訪れていたので、少しジュネーブについて書きたい。


サレーブ山

ジュネーブのCornavin駅からバスで20分あまり南にいくと、サレーブ山(Mt. Saleve)というちょっとした山がある。まあ、東京で言えば高尾山とでもいうところだろうか。近くまでバスでいき、実は国境を渡って、フランス側へ行く。国境を超えるので、念の為パスポートは持っていったほうがよいかもしれない(CHECKされることはないとは思うが)。ケーブルカーですぐに上まで上がれる。上からはジュネーブの街が一望できて、なかなか絶景。また、上まで上がると緑の草原が開けていて、羊や牛がうろうろしていて、なかなか牧歌的でのんびりした感じがよい。

 


CERN

CERNは、言わずとしれた、世界一の加速器を持つ素粒子物理の研究所。日本からも多くの研究者がココで研究している。Cornavin駅からやはりバスで30分位北の方へ行く。事前にツアーに申し込んでおけば、施設の中のツアーに参加できる。英語コースとフランス語コースがある。CERNの今の実験のオペレーションルームとか、初代加速器の展示とかを見ることができる。ツアーガイドは、本当の研究者がやってくれるのもよい。ただ、なので、観光客向けっぽくはない。説明もやたらめったら専門的で難しい。ツアーで予約してなくても、展示を見たり、売店で買い物をすることはできる。

 


国連

国連の欧州本部がある。さすがにここは、普通の人は入れないが、やはりツアーがあるとのこと。自分は、ITUの会議でくると、いつもITUのパスを貰える。ITUは国連の下部組織であるため、国連の中もこれで入ることができる。

 

 


グランジュ公園(Parc de la Grange)

個人的には、ジュネーブで一番好きな場所がここ。きれいな緑の芝生、花壇もよく整備され、向こうにレマン湖越しに、国連施設が見える。開放的ですがすがしい。いつも会議で疲れると、会議の空いた時間帯はここで一休みする。

 


サンピエール大聖堂(Cathédrale Saint-Pierre Genève)

ジュネーブは観光する場所はほとんどないのだが、唯一あるサンピエール大聖堂。旧市街の中にあり、この旧市街は、なかなか古い感じのヨーロッパの街の雰囲気があって、そこを歩いているだけで気持ちいい。教会の中に入ることができて、私が入った時は、地元の合唱団が練習していた。

 


レマン湖の大噴水

飛行機でジュネーブ空港に降りて来るときから見えるこの大噴水。近くからみると、それなりに迫力。


ここは、お金をかければ、いくらでも美味しいものがある街だが、自分はそこまで贅沢したことがないので、普通の話を。

Hotel Edelweis

ここは、Manotelグループのホテルのなかで、最も観光客相手のベタなHotel Edelweis。チーズフォンデュと食べられるが、うーん、まあ、美味しいとはいえないけど、観光客気分を味わうなら。ここ行くと、日本人必ずいます。

 

L’OBSERVATOIRE

サレーブ山の上にあるレストラン。ハンバーガーが旨い。、、がボリュームは結構ある。肉は、結構まだ赤い段階で出てくるので、日本人にとっては、ちょっと嫌かも。

http://www.lobservatoire.fr

Wine

スイスワインは日本でもなかなか普通のお店では買えない。個人的に好きなのは、Pinot Blanc種のぶどうの比較的フルーティーな白。それでいて、微炭酸というのが良い。シャルドネでもなかなか。現地のFendantブランドがポピュラーで、Genevaに出張していると、ホテルで毎日これを飲んでいる。